カテゴリー

アーカイブ

運をつかむ

スポンサーリンク




功の成は成るの日に非ず。
けだし必ずよって起こる所あり。
禍のおこるはおこる日におこらず。
また必ずよって兆す所あり。

蘇老泉の『管仲論』にある言葉である。

人が成功するのは、ある日突然成功するわけではない。
平素の努力の集積によって成功する。
禍が起こるのも、その日に起こるのではない。
前から必ずその萌芽があるということである。

運をつかむのもまた、同じことだろう。
運をつかむには、運に恵まれるにふさわしい体質を作らなければならない。
言い換えれば、運を呼び寄せ、やってきた運をつかみ取るだけの実力を養わなければならない。

<参考引用文献>
藤尾秀昭著『小さな人生論5』【致知出版社】

スポンサーリンク




下の画像は『Chigi-Tuberの無料オンライン数学授業 Math Online 』へのリンクです

YouTubeへのリンク