カテゴリー

アーカイブ

上級国民|世の中の真実として2点

スポンサーリンク




上級国民|世の中の真実として2点

上級国民と聞いて何を思い出すだろうか。

いくつか書き残しておきたい。

容疑者ではなく元委員長と報道

池袋で青信号の横断歩道を渡っていたなんの罪もない母子が、暴走してきた高齢者の車にはねられて死亡した事件は記憶に新しいのではないか。

加害者の高齢者は元通産省職員の飯塚幸三という男で、本来だったら逮捕されて飯塚容疑者と報道されるべきところを、いまだに飯塚元委員長という肩書きで呼ばれている。

過去において、もっと小さな罪で、高齢者がたくさん逮捕されている。

実際に逮捕されている高齢者がいる以上、「上級国民で特別扱いされているから逮捕されていない」という批判が出るのは当然ではないか。

明治天皇のひ孫である竹田恒和氏

氏は、26歳のときに22歳の女性を死亡させる交通事故を起こしている。

当時、馬術の選手だった竹田氏は、茨城国体に出場すべく自分の車を運転していた。
そして、対向車のヘッドライトに目がくらんだという理由で歩行者をひく事故を起こしたのである。

ヘッドライトに目がくらむというのは、なんら特別なことではなく、明らかに過失は竹田氏にある。

にもかかわらず、刑事責任を問われることはなかった。

未成年ではなく、26歳という立派な大人なのに、である。

それどころか、竹田氏はその2年後、モントリオールオリンピックに出場している。

上級国民だけが受けられる特別待遇は、ある意味金銭面での格差よりも残酷なものだと言えるかもしれない。

<参考文献>
ひろゆき著『叩かれるから今まで黙っておいた「世の中の真実」』【三笠書房】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

叩かれるから今まで黙っておいた「世の中の真実」 (単行本) [ ひろゆき ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/12/19時点)

楽天で購入

 

 

スポンサーリンク




下の画像は『Chigi-Tuberの無料オンライン数学授業 Math Online 』へのリンクです

YouTubeへのリンク