カテゴリー

アーカイブ

新型肺炎|京都大学の准教授の言葉

スポンサーリンク




新型肺炎|京都大学の准教授の言葉

京都大学ウィルス・再生医科学研究所の准教授である宮沢孝幸氏は次のように話している。

大阪府の外出自粛要請について

『今さらそれを行うのはナンセンスです。』

と言い切っている。

時短営業も感染対策としての効果は見込めないと言っている。

GoToトラベルの中止も意味がないと言っている。

GoToトラベルの中止は、医療崩壊を防ぐことが主な目的と言っているが、

そもそも日本では毎年10万人以上が肺炎で亡くなっていて人工呼吸器を使っているが、医療崩壊などしたことがない。

本来は崩壊しないものが、コロナを指定感染症にしていることもあったり、過度な対応であったりすることで、医療崩壊を起こさせてしまっている。

さらに次のように言っている。

感染の波はすでにピークアウトしている。

ピークは11月12日。

以降は下降している。

テレビなどメディアの主な報道とは違う見方である。

では、なぜ東京都などの感染者は増加しているのか。

それについては次のよう答えている。

『クラスター対策も兼ねてPCR検査の陽性者への濃厚接触者にPCR検査を積極的に行っているため』

また、

濃厚接触者でPCR検査を受けた人の中で陽性と出た人たちは、無症状者も多く、その人たちが持っているウィルス量は少なく、他の人に移すとは考えにくい。

とも言っている。

感染者数は再び減少していくと言う。

普通に感染対策をしていれば、普通に減少していく。

だが、宮沢氏はテレビには出演していない。

双方の考えを持っている専門家をメディアは取り上げるべきではないか。

一方のみの意見を採り上げるのではなく。

スポンサーリンク




下の画像は『Chigi-Tuberの無料オンライン数学授業 Math Online 』へのリンクです

YouTubeへのリンク