カテゴリー

アーカイブ

一人一台端末を生かすための注意点とは|タブレット端末|学校教育

スポンサーリンク




一人一台端末を生かすための注意点とは|タブレット端末|学校教育

来年度より、GIGA構想として、全国小中学校に、一人一台端末が配布されるという。

すでに端末が配られている学校もあれば、『本当に配られるの?』と疑心暗鬼になっている学校もある。

すでにタブレットを用いた授業研修を行っている学校もあれば、全く研修など行っていない学校もある。

校内に無線Wi-Fiが設置されるため工事が行われている学校もあれば、無線ルーターが配布される学校や、そういった環境整備もままならない学校もある。

自治体によって大きな差が生まれているのが現状である。

一人一台端末が給付され、Wi-Fi環境も整っていることを前提に考えることにする。

タブレット端末を用いた授業を行うときに気をつけるべきことがある。

それは、

今よりも楽になるための端末にする。

ということである。

次に、

教育の効果が上がること。

である。

この2点に入らないものはすべて排除すべきである。

手段と目的の混同が起こりやすいと考えられる。

特に教育委員会からの指示により、タブレット端末を使うことが目的とされる環境になりがちなので、現場では注意が必要である。

今よりも楽になるためであり、教育の効果を上げるため、すなわち、子どもたちのためになっているかを常にフィードバックしながら、道具として活用していくことが大切だと思う。

『楽で楽しい!』と現場の先生方が感じるように使い方やシステムの構築が急務である。

『使ってみたい、使おう!』という気持ちに現場の先生方がなるようなものでなければならない。

これらのことを前提としつつ、今年度中に年計を立てておく必要がある。

どこの単元のどの授業で、どのようにICT機器を道具として使うのか。

少なくとも、以上のことは今年度中に検討し、計画を立てておくことが必要に思う。

でなければ、4月から現場は大慌てになり、子どもたちのためといった目的を見失うことになりかねない。

スポンサーリンク




下の画像は『Chigi-Tuberの無料オンライン数学授業 Math Online 』へのリンクです

YouTubeへのリンク