カテゴリー

アーカイブ

授業をする視点・見る視点より

スポンサーリンク




<参考書籍>
長谷川博之著『中学校を「荒れ」から立て直す』(学芸みらい社)より

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 中学校を「荒れ」から立て直す! /長谷川博之【著】 【中古】afb
価格:1430円(税込、送料別) (2021/1/8時点)

楽天で購入

 

 

① 一度にたった一つの指示を出している。
「教科書を出して22ページを開けて四角3の(2)までやりなさい」など、一度の指示で多くの作業指示が入っていないか。

② 無駄な言葉がない。
無駄とは、「変容を促さない言葉」「言っても言わなくても同じ言葉」をいう。

③ 一目で分かる工夫をしている。
ジェスチャー、板書、資料、サイトなど。聴覚だけでなく視覚からも入力できているか。

④ リズム&テンポがある。
授業が心地よいリズムの中で進む。展開のテンポに緩急がある。
教師の指導言の大きさ、速さにも変化がある。

⑤ 発問・指示が明確であり、しかも全員に伝えている。
大切なことを言う時、全員を注目させている。

⑥ 空白の時間を作らない。
早く終えた子にも、作業の遅い子にも配慮がある。

⑦ 指導の途中で何度か達成度の確認をしている。
机間「散歩」になっていない。誰がどんなことをノートに書いているのか確認しているか。子供全員と視線が合っている。

⑧ 指導内容の配列に必然性がある。(なぜそのような授業の組み立てをしているのか)
なぜそういった導入をするのか。なぜそのような組み立てや順番にしたのか。

⑨ 「評価」のみでなく、きちんと「評定」している。
「評価」とは「すばらしい!」「よくできたね!」などのこと。
「評定」とはもっと具体的なもので「10点満点です」「Aです」「98点おしい!」など。

⑩ 全員を励ましている。
皮肉を言わない。肯定的な言葉で活動を促している。

教材研究しかしていない教師が多いように感じる。

それ以上に大事なのは授業研究だと思う。

授業技能を高める視点である。

教授行為を見つめ直し改善していくということである。

その分かりやすいものとして、

『授業をする視点・見る視点』がある。

長谷川博之著『中学校を「荒れ」から立て直す』(学芸みらい社)より引用した。

日々の授業行為を振り返り、授業技能を高めていく視点を持ち続ける。

学び続ける教師のみ、子どもの前に立つことができる。

スポンサーリンク




下の画像は『Chigi-Tuberの無料オンライン数学授業 Math Online 』へのリンクです

YouTubeへのリンク