カテゴリー

アーカイブ

ファクターマネジメントとは

スポンサーリンク




ファクターマネジメントには、二つのファクターがある。
① リスクファクター(危険因子)
② プロテクティブファクター(保護因子)

子どもの問題行動を出現させる因子をリスクファクター
(例)自傷行為のある子ども
背景にはたくさんの原因がある。
例えば、親とケンカした時に必ずそれが起こるという子どもがいる。
例えば、親とケンカして、学校で失敗体験をし、さらに友達との関係がうまくいかずに何か注意されたということが起きると、その一つの行動(自傷行為)が出てくる。
三つ原因があって出てくる場合もあるし、三つのうち一つでも出てくる場合もある。
危険因子とは、その行動を発生させる危険な因子のこと。

逆の考え方がプロテクティブファクターといって保護因子と呼ばれるもの。
親が見ている前ではやらない。先生が見ているとやらない。など。その問題行動を抑制する因子。
問題行動を出現させないための守るための因子。
子どもの問題行動を抑制していくには、この二つの因子をコントロールしていくことが大切。

危険因子はなくしていけばいい。弱めていけばいい。

保護因子は強めていけばいい。強めていけば出ないのだから。

そういった視点で見るといった支援の引き出しを増やしていくことが大切だと考える。

 

スポンサーリンク




下の画像は『Chigi-Tuberの無料オンライン数学授業 Math Online 』へのリンクです

YouTubeへのリンク