カテゴリー

アーカイブ

苦手なものはあっていい。挑戦。

スポンサーリンク




苦手なものはあっていいのだ。

苦手なものがある人は、苦手なものがある人の気持ちがわかる人間になれるから。

苦手なものがない人は、苦手なものがある人の気持ちを考えることが難しい。

だから、私は苦手なものがある人が好きだ。

私も苦手なものがあるので、苦手なものがある人の方がわかってくれると思うから。

次に、苦手なものに出会ったときに、どう考え、どう行動するのか、が大事だと思う。

苦手だから投げ出すのか。それとも苦手でも挑戦するのか。

どちらの生き方をしていくのか。

ここでも、苦手なものはあった方がいいと言えるのである。

なぜか。

苦手なものがある人は、苦手なものを乗り越えることで大きく成長するからだ。

これは大きい。

苦手なものであればあるほど、それを必死で努力し、乗り越えたときの成長はきっと大きい。

人生は選択の連続である。

今の自分の姿は、過去に自分がどんな選択をしてきたのかによる。

今の自分が努力できる人間なのであれば、過去に自分が努力を重ねてきたからだ。

今の自分が努力ができない人間なのであれば、過去の自分が努力してこなかったからだ。

今の自分が人にやさしくできる人間なのであれば、過去に人にやさしくしてきたからだ

苦手なものを前にしたとき、どう考え、どう行動するのか。

苦手だから手を抜こうなのか。

苦手だからこそ、『成長のチャンスだ!』ととらえ、努力するのか。

進路とは生き方である。様々な生き方があっていい。

命の危険を伴うような場面で、苦手なものに挑戦する必要はない。

むしろ、それは無謀だ。挑戦し努力することと、無謀は違う。

挑戦した先には成功か学びしかない。

今日も懸命に生きよう。

スポンサーリンク




下の画像は『Chigi-Tuberの無料オンライン数学授業 Math Online 』へのリンクです

YouTubeへのリンク