カテゴリー

アーカイブ

ワクチンとは何か

スポンサーリンク




ワクチンの定義とは何か

定義上だけで言えば

『病原体(特にウイルス)から作り、これを人体・動物体に予防接種と称して接種し、体内に抗体を生じさせ予防させる薬品』

GHQの指導のもとでスタート

1947年にGHQの指導のもとで予防接種法が定められ、

みんなに予防接種が強制されてきた。

この法律は日本人を人体実験しようとしたものと言っても過言ではない。

1948年11月に京都や島根で実施されたジフテリアの予防接種では、

80数名の1~2歳児が死亡し、

1000人近い被害者が出たが、

国は各地から報告される接種事故を公表しなかった。

ワクチン不要論①

現代医学の三つの聖水「向精神薬、ワクチン、抗ガン剤」・・・これらはすべて効かない。そして、効かないどころか、すべて有害でありさまざまな弊害をもたらす。
ワクチンを一言で表現するなら「支配」であり「統制」であり「病気作り」であり、究極的には「親の試金石」ということができる。
<引用書籍>
内海聡著『ワクチン不要論』【フォレスト出版社】P17より引用

 

スポンサーリンク




下の画像は『Chigi-Tuberの無料オンライン数学授業 Math Online 』へのリンクです

YouTubeへのリンク