カテゴリー

アーカイブ

花はなぜうつくしいのか

スポンサーリンク




八木重吉の詩『花』である。

花はなぜうつくしいのか
ひとすじの気持ちで咲いているからだ
本当にうつくしい姿
それはひとすじに流れたものだ
川のようなものだ
人生はいつたのしいか
気持ちがひとつになり切った時だ

何度も読みなおしたい詩である。

桂小金治さんの話である。

小金治さんの少年時代、ハーモニカが流行った。
欲しくて父親にねだったが、父親は『いい音ならこれで出せ』と神棚のサカキの葉を一枚とって口にくわえ『ふるさと』を吹いた。
あまりの音色のよさに聞き惚れ、自分も、と懸命に練習したが、父親のように吹けず、投げ出してしまった。
その時、父親は言った。
『実行、努力までならみんなする。
そこでやめたらどんぐりの背比べで終わりなんだ。
一歩抜きん出るには努力の上に辛抱という棒を立てるんだよ。
この棒に花が咲くんだ。』

足下を掘る上での大事な心得を説いて、これ以上の言葉ない。

 

スポンサーリンク




下の画像は『Chigi-Tuberの無料オンライン数学授業 Math Online 』へのリンクです

YouTubeへのリンク