カテゴリー

アーカイブ

20200507 体験→経験→学び

スポンサーリンク




体験が経験となり学びとなる。

何か体験をした時に、大きく分けて次の2通りの生き方があると私は考える。

それは、その体験を学びとしていく生き方と、体験どまりにしてしまう生き方である。

私は体験を学びとしていく生き方の方が、成長を遂げていく道であると考える。

私は学びとしていく生き方をしていきたい。

では、学びとしていく生き方と、体験どまりにしてしまう生き方の違いは何なのか。

それは、

『振り返り』があるかないかだと思う。

何か体験をした時に、自分なりにその体験を解釈し、自分自身の内面に落とし込んでいくことで経験となる。

その経験を通して振り返りをしていく。

よかった点は何か。

課題点は何かあるか。

そこから学ぶことはあるのか。

もし○○だったらどうか。

これは他の何かとつながりはあるのか。

○○さんはどう感じ、どう考えているのだろう。

先輩の○○さんの話を聞いてみよう。

尊敬する○○さんはどのように考えるだろう。

以上いくつか述べたが『振り返り』には様々ある。

その体験の種類やジャンルによって、様々な『振り返り』の仕方がある。

そういった振り返りや分析をしていくことで学びにつなげていく。

これが無くて体験どまりにしてしまっては、もったいない。

日常生活は体験だらけである。

それらをただの体験どまりにしてしまうのか、それとも学びへとつなげていけるのかは自分次第なのだ。

『挑戦した先には成功か学びしかない』

私が尊敬する方がおっしゃっている言葉だが、この言葉がこれまで書いてきたことを物語っていると思う。

挑戦した結果、たとえうまくいかなかったとしても、それを失敗と捉えるのではなく学びと捉える。

そうすることで、また新たな挑戦の一歩が生まれる。

失敗から学べとは昔からよく聞く言葉だ。

ただし、学びと捉えられるようにするには訓練が必要である。

振り返る習慣を身につけていくことが必要である。

その一つの手段として、例えば、日々書く日記がある。

二度と戻ってこない1日をただ何となく過ごしていてはもったいない。

日々を振り返りながら過ごし、体験を学びへとつなげていく生き方をしていく。

意志薄弱な自分である。

今日もまた自分自身にそう言い聞かせる。

 

 

スポンサーリンク




下の画像は『Chigi-Tuberの無料オンライン数学授業 Math Online 』へのリンクです

YouTubeへのリンク